ストックホルムの市庁舎が6月1日から再びオープンします。

コロナによる安全対策のため人数制限があります。個別の団体はガイドを除いて見学者8名までの入場となります。

開館時間 9時30分から15時まで(14時までのチケット販売)

閉館日 6月週末 祝祭日 6月25~27日

 詳細はこちらに→ https://stadshuset.stockholm/besok-stadshuset/

 

 

 スウェーデンのこれからの入国制限緩和についてのお知らせです。

 

6月1日から北欧諸国(デンマーク、フィンランド、アイスランド及びノルウェー)からの入国に際しての規制が緩和されるそうです。

 

北欧諸国以外のEUEU/EEA諸国居住者は、6月30日まで入国に際し48時間以内の陰性証明を求められるようです。

 

上記以外の国の居住者は、 例外的に入国が認められる者を除き、一時的入国禁止措置は8月31日まで延長されます。

また、例外的に入国が認められる者も、入国に際し48時間以内の陰性証明を求められます。

 

参照 
●スウェーデン警察公式サイト
入国規制(スウェーデン語)

Q&A(スウェーデン語)


●スウェーデン外務省(渡航制限

(2021年5月28日現在)

 コロナの新規感染者が減少になり、

 6月1日からレストランが10時30分まで営業時間延長、遊園地がオープン、イベントの人数制限、など明るいニュースも入ってきています。

以下、日本大使館からのお知らせを一部抜粋させていただきました。

 

 〇 スウェーデン国内の新型コロナウイルス感染症対策が、6月1日から段階的に解除されることになりました。
〇 外国に居住する者のスウェーデンへの入国禁止措置が一部を除き延長されることになりました。

1 スウェーデン国内の新型コロナウイルス感染症対策が、5段階に分けて解除されることになりました。6月1日から行われる第一段階の規制緩和の主な内容は以下のとおりです。
(1)小規模なキャンプ活動、競技大会への参加
(2)最大150人の選手が同時に参加するスポーツ競技大会の実
(3)感染症対策を講じた上での遊園地及び市場入場
(4)宗教行事、文化及びスポーツイベントの参加上限人数の引上げ(屋内・着座の場合は50名、屋外・非着座の場合は100名、屋外・着座の場合は500名。)
(5)飲食店の営業可能時間を22時30分まで延長

 

 

スウェーデンの観光情報 (2021年5月10日現在)

ヴァーサ号博物館  5月19日から

https://www.vasamuseet.se/ja

ノーベルミュージアム 8月21日から https://nobelprizemuseum.se/

https://www.nobelprize.org/about/nobel-museum/ 

 

団体でのご案内は8人までの人数制限がございます。

 

今年の夏至祭は イブ6月25日 夏至26日

 

 

 

 

 

 

dara hast

クルビック画法が施された木工の手工芸品ダーラ馬